come to syabi and see everything yourself!

  • 2011.11.25 Friday
  • 16:39

ご無沙汰しております。
東京都写真美術館ブログ担当、三井です。
気づけばもう師走の声が…時の経つのは早いものです。
さてさて、現在J・ポール・ゲティ美術館展「フェリーチェ・ベアトの東洋」(PCの方はこちら)の準備を進めております。
ロサンゼルス-東京間の連絡や確認をするのに、本当に役に立ってくれているのが以前にも紹介しましたインターンのアレキサンドラ・フェドロフィチ=ヤツコヴスカさん。当館ではアレックスと呼ばれている彼女は、本当に優秀です。
さて、せっかくそんな彼女が来ているので、9月からいままで彼女が感じた日本・写美・仕事について、当ブログで紹介してもらいましょう。(^o^)
これより、彼女にバトンタッチします。


By way of introduction…

 

Sometimes it feels like words are overrated.

 

I spent three amazing months in Japan, working with Mitsui-san and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography’s staff. I don’t speak Japanese. And I feel like sometimes words are overrated.

 

So instead of writing about my internship at syabi I will show it to you. Rely on my perspective or...

 

come to syabi and see everything yourself!*

 

By way of explanation…

 

my supervisor is usually at his office (not lying on the ground though)

my dress by Yuki Onodera is currently on view on the third floor. And look for my sky on the second one.

my far east you won’t see it. But you can imagine how far east am I from home.


my halloween
is long gone; my christmas is coming, come see the lights and Christmas trees in Ebisu Garden Place.

my languages. Oh, this one you’d have to hear. Every day at syabi we have our own language lab.  

And my “beauty in snow” - this is one is a secret. You will have to come to syabi between March and May, and discover it for yourself. And than you’d also discover what Mitsui-san and I were working on for the last months. See you then!

 

 

 

Taking this opportunity I would also like to say

 

ありがとうございました

 

to syabi for having me, for giving me this amazing opportunity to work with you and learn from you, and for all the patience and understanding you offered me.

Thank you.

 

 

 

Aleksandra (Polish intern at syabi)

 

 

 

 

*Interning at the museum of photography and showing you my poor-quality pictures taken by my camera phone I feel compelled to explain, I am not a photography student. I am a student of history.

 

 いかがでしたか。
どちらかというと、キリッとした印象のあるアレックスがこんな風に可愛い紹介をしてくれました。
Thank you Alecs!!

ちなみに、僕が不審な行動をとっていますが、彼女が書いているように展示室内の可動壁を調整するためにこのような姿勢をとっています。意外とちゃんと仕事をしている結果のポーズなのです(^^)
そして、「雪中美人」この謎は、1月にはきっと解けるでしょう。
この展覧会は本当に素敵なものになると思います。
是非ご期待下さい。

さて、おいしいもの情報。
ほんじつはこちら、幕の内弁当です。

いったいどこが幕の内??と思われる方もいらっしゃるかも知れません。
このお弁当は、被災した資料のデジタル化プロジェクト(PCの方は
こちら)でお世話になっております東京工芸大学最寄り駅、中野新橋付近のお弁当屋さんのもの。
幕の内は4種類のおかずをすべて自分で選べる素敵なメニュー! その日の気分でガッツリからヘルシーまで思いのまま。(この日はA氏のチョイスだったのでかなりガッツリ方向^^;)土曜の作業日には、必ずといって良いほど食している最近、大のお気に入りです。

最後に、現在当館では「関羽がやってくる ニャア!ニャア!ニャア!」(PCの方は
こちらもチェック!)を開催中。

東京都写真美術館のロビーは大変なことになっています。
ドズドス三井もチラリと登場。
商品をゲットできる館内ウォークラリーも開催中!!
クリスマスイブまでですから、お急ぎ下さいませ。

ではまた。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM