GW特別フロアレクチャー

  • 2013.04.29 Monday
  • 14:53

みなさまこんにちは、ブログ担当の三井です。
いよいよゴールデンウィークです。
「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」(PCの方はこちら)は、ゴールデンウィークの最終日である5月6日(月・祝)が最終日です。つまり、残すところあと一週間。ラストスパートです。
そして、昨日からゴールデンウィーク特別フロアレクチャーもスタート致しました。

4月28日のフロアレクチャーの様子です。

初日である昨日、67名の方にお聞き戴きました。
今回は、この内容を少しだけ書かせて戴きます。
「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史」はシリーズ展で、今回が4回目。この企画は、「日本の初期写真に関するコレクションは、どこに何があるのだろう?」という素朴な疑問からスタートしました。この企画案を提出した00年代初頭、国立の博物館や、写真の収蔵が多いことで知られる美術館・博物館を除けば、初期写真の視点で収蔵品を調べることは難しかったのです。「それならば!」と本展を企画し、2年ごとに調査地域ごとに展示を行おうと考えたわけです。
そして、2006年度(2007年3月)に関東、2008年度(2009年3月)に中部・近畿・中国地方、2010年度(2011年3月)に四国・九州・沖縄、それぞれがスタートしたという次第です。今回は4回目、北海道・東北の地域で初期写真の所在調査を行い、これらによって見出された作品を展覧しております。
本展を含む4展示は、すべて「であい」「まなび」「ひろがり」の3部構成で展示を行っております。

であい  日本あるいは日本人と写真のファーストコンタクト
まなび  日本で活躍した写真師の第一世代による作例
ひろがり 第二世代以降の作例

明治30年代までの作例について、これらの視点から作品を展示しています。
なお、初期写真とは「近代的写真表現の洗礼を受けることなく、あるいは『表現』という自覚なく制作された写真」を指します。(こちらについては、拙稿「イメージとピースの間で いま初期写真を観つづけることについて」「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編 研究報告書」に書かせて戴きましたので、ご興味のある方はぜひご覧下さい)

東京会場はあと一週間。
ラストスパートのゴールデンウィーク特別フロアレクチャーは、本日、5月3日、5月4日、5月5日、最終日の5月6日。すべて16:00〜約1時間程度です。
こちらについてもご参加戴ければと思います。

なお本展終了後は、北海道立函館美術館、鶴岡アートフォーラム、郡山市立美術館への巡回を予定しております。

 

さて、久しぶりのおいしいもの情報。
ガーデンプレイス内には、さまざまな飲食店が軒を連ねていますが、こちらはちょっと斜め上。デパ地下のイートインです。奇を衒ったチョイスのように思われるかも知れませんが、さにあらず。

どうですか? このボリュームとバラエティ!! 僕だって、ラーメンやハンバーガーだけではないのです。煮魚だって、大好きなのです。もちろん、お刺身だって大好物。
ガッツリ食べたいけれど、オイリーなのはちょっと…という時、ここはおすすめです。
では、また。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM