2016年リニューアル開館へ向けて

  • 2014.09.12 Friday
  • 14:04

皆様、本当にご無沙汰しております。
ブログ担当の三井です。
さて、すでにご存じの方も、あるいはそうでない方もいらっしゃるかも知れませんが、当館は今月24日から休館致します。
これまでの皆様のご愛顧に感謝すると共に、今後のご活躍を衷心よりお祈り致します…。
東京都写真美術館は、これからも皆様の心の中で永遠に不滅です!
…なんて。
純粋な改修工事ですので、2016年秋にはちゃんと戻って参ります。
心の中だけでなく、東京都写真美術館は本当に不滅ですので、ご安心ください。
とはいえ、2年間のお別れがあること自体は本当です。

ただいま、しばしのお別れを惜しんで「フライヤーで振り返る東京都写真美術館 1990-2014」開催中!(〜9/23迄)です。(PCの方はこちら
第一次開館した1990年から現在開催中のものまで、すべての収蔵展と自主企画展の展覧会チラシをご覧戴けます。


1階入り口のごあいさつ。

よろしければ、こちらでニャイズ的僕と記念撮影を…(^^)/

1階エントランスには、これまでのすべてのチラシが床面に。

僕が最初にメインで担当した「士 日本のダンディズム」(2003年!)も(^_-)

スロープからは壁面に大きく展示。パネルに番号がついていますので、番号を探して戴くと1990-2014の歴史をたどることができます。そして、クイズも実施中!答えはチラシたちに隠れていますよ。

こちらは、2階ロビーの床に展開されるチラシたち。

2階ロビーの床面グラフィックは、シリーズ展をフィーチャーしていますので、開拓展シリーズもこんなに大きくなっています。

そして、グラフィックの横ではチラシのオリジナル(ほんの一部分はカラーコピーですが…。だって、残部が数枚だったりするので…ご容赦!)を手にとってガッツリご覧戴けます。

こちらは、階段室。スラントした天井にもチラシたちのパネル。こちらは、去年のチラシです。僕が担当したフェリーチェ・ベアトや日本写真開拓史北海道東北編も(*^_^*)。モニターでは、当館収蔵作家の作品をご紹介。

このほかにも、いろんな場所に展示されていますので、ぜひ改修前の美術館内を縦横無尽に見て回ってください。

現在開催中の展覧会は、こちら。

フィオナ・タン まなざしの詩学 (PCの方はこちら

岡村昭彦の写真 生きること死ぬことのすべて(PCの方はこちら

写真新世紀 東京展 2014(PCの方はこちら)(こちらの展覧会は、21日までです。ご注意ください!)

リニューアル前の写真美術館の姿だけでなく、これらの展覧会も必見です。

さてさて、今回も美味しいもの情報。
久々の更新ですから、ガーデンプレイスの中からです。


東京都写真美術館お隣のガーデンタワー最上階の和食です。写真のこちらは、「じゃことろ飯定食」シンプルですが、時折食べたくなる一品。ぜひご賞味ください。
ではまた!

あ、このブログは、休館しても続きますので、こうご期待!です。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM