【緊急告知】今年最大のイヴェント!

  • 2009.10.18 Sunday
  • 17:39
おはようございます。
香川県での調査についてのご報告を鋭意執筆中、古写真ブログ担当の三井です。
そして、自分の仕事に集中してしまうと周りが見えないと反省中の三井です。
さてさて、そんな中、飛び込んできました情報をアップします。

今週末10/24(土)から「セバスチャン・サルガド アフリカ 生きとし生けるものの未来へ」(PCサイト)がはじまります。
この展覧会は、セバスチャン・サルガドという写真家をご存じの方も、そうでない方も本当に必見の展覧会です。
今年、最大の展覧会!

ところで「写真は、結局構図だろ!」というお話、よく耳にしませんか?
僕自身は必ずしもこの意見に賛同しません。
色彩(モノクロ含む)も、暗室ワーク(デジタルの場合はPC処理)も、作品の連続性も、挙げればきりがないほど写真作品には重要なポイントがあって、それぞれのうちどれかでも突出したものがあれば、感動してしまうものだと思うのです。
これが僕の考えです。
でも。
セバスチャン・サルガドの作品を見ていると、構図至上主義の方々の気持ちがちょっとわかるような気がするのです。
サルガド氏の写真は、あくまでドキュメンタリーです。現代アートのカテゴリーで仕事をされている方ではないでしょう。
しかしそれでも、構図の妙味に息を呑みます。
妙味、いや妙技、うーん。味ともわざとも違う、完璧に構成された構図。
しばしこの「構図の妙」に打たれた後、冷静にもう一度画面を見、キャプションを読むとドキュメンタリーとして一枚一枚の重みがドスンと響いてくる。
本当に強い写真なのです。
さらに彼の写真にはばらつきがありません。
すべての作品が同じ重さで琴線に触れてくる。
美しく、強く、重く、そして考えさせられる写真。

大げさに言えば、写真というもののポテンシャルがいかに高いかを思い知らされる作品。
本当に圧倒的なのです。
古写真に宿るパワーを感じられる方には、きっとセバスチャン・サルガド氏の写真は共鳴する。僕はそう信じます。

そしてなんと、そのセバスチャン・サルガドが現在来日しており、初日である10/24に講演会があるのです。

--- セバスチャン・サルガド講演会 ---
2009年10月24日(土)14時〜15時30分 
会場:渋谷区立加計塚小学校(東京都写真美術館より徒歩5分)
定員:約400名
受付:当日10時より当館1階受付にて整理番号付き入場券を配布します。その際、展覧会チケットをご呈示ください。
開場:午後13時00分〜(整理番号順入場・自由席)

この整理券は、たった400枚しかありません。
それでも、当館のホールの倍以上の会場をご用意しました。
それでも400名の方にしかチャンスがないことも事実なのです。
ですから、朝10時からお並びいただかなくてはお入りいただけないかもしれません。でも、かならずそれだけの価値はあります。
日本で彼の声を聞くことのできる機会は、またいつ訪れるのかわからないのですから。


どうしても、この貴重な機会をお伝えしたくて、この場を借りました。
次回はちゃんと香川県での調査をご報告します。
ではまた

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM