没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖 開幕!

  • 2014.03.04 Tuesday
  • 18:50
誠に大変ご無沙汰しております。
ブログ担当の三井です。
さてさて、本日、Renjo展こと「没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖」(PCの方はこちら)が開幕いたしました。
こちらは昨日、下岡蓮杖の命日である3月3日に開催されたプレスカンファレンスの模様です。
プレス発表
とても多くの方にご来場戴きました。
僕としても、とても気合いを入れて取り組んだ企画なので、多くの方にご来場戴けることを願っています。
そこで、今回はこのブログなりのご紹介を。
下岡蓮杖(1823-1914)は、日本で2番目に開業した日本人写真師。「あれ? 1番じゃないの?」と思われるかも知れませんが、さにあらず。日本人で開業した最初の人は、鵜飼玉川(1807-1887)という江戸で開業した人物です。しかし、彼の現存作品はとても少なく、また、弟子の写真師に不明点が多く、日本に写真文化を普及した起点という意味で考えると、2番目に開業した蓮杖や3番目に開業した上野彦馬(1838-1904)に一歩譲ります。だからこそ、「東の蓮杖、西の彦馬」と謳われたわけですね。もちろん、初期写真については、まだまだ研究の余地が多く残されていますから、今後、鵜飼玉川に関して多くの作品が発見されることもあり得ます。これはこれでとても楽しみなことです。
少し横道にそれましたが、今回は下岡蓮杖です。
蓮杖の生涯については、口述筆記による自伝的な文献が残されています。その初出が山口才一郎の「写真事歴」(『写真新報』第46-48号連載、明治26年)です。これはのちに『旧幕府』に転載されたり、『写真月報』にも掲載されるなど、いくつかのバージョンが生まれます。
今回の展覧会では、初出である「写真事歴」に注目し、これを信頼するところから蓮杖を考えます。
絵師を志して紆余曲折の後、狩野董川に弟子入りするが、画家生活で写真に出会い、驚愕し、写真技術習得を決意します。
写真の技術を知る人物に出会うために、外国人との接点を求めて足軽になる。
横浜居留地ではじめて外国人写真師と出会います。この人はジョン・ウィルソンといいます。

妻・美津に見守られながら、ウィルソンの写真機材一式を蓮杖が描いたパノラマ画と交換し、写場も引き継いで開業しました。しかし、手に入れた薬品が底をつくと、調合に迷い、更なる苦労を余儀なくされる…。
このようにして、本当に苦労の末に手に入れた写真技術で彼は何をしたのか。ピントグラス越しに何を見、何を捉え、写真が全く普及していない日本で、蓮杖はどのような写真を発信したのか。
東京都写真美術館の150点に及ぶコレクションとニューヨークのコレクターからお借りした貴重な作品、東京未公開のアンブロタイプなど、一点一点は小粒ですが、じっくり見れば本当に深みのある蓮杖の写真作品を展示しております(作品保護のため、4月7日に展示替えを行います)。

 

本展は、このように
写真師以前
写真師時代
と続き、さらに絵師として回帰する蓮杖、没後に伝説化する部分にも触れます。


この続きは、展示室で、是非。

なお、本展のフロアレクチャー初回は3月14日(金) 14:00からです。
こちらもお楽しみに。
(^^)/


 

写真作品のつくりかた展 最後のフロアレクチャー報告

  • 2013.09.13 Friday
  • 18:26
もの凄くぶりに更新したかと思ったら、今日は二度目の更新。
先が読めずにすみません、ブログ担当の三井です。
さきほど、盛況の内に「平成25年度東京都写真美術館コレクション展 写真のエステ 写真作品のつくりかた」(PCの方はこちら)最後のフロアレクチャーが終了致しました。



本日は本当に多くのお客様がいらしてくださり、本展レクチャー最大の73名の方にお聞き戴きました。 本展はコレクションを開陳するシリーズ展の平成25年度版第2弾です。そして 、「写真のエステ」という鑑賞教育を主眼としたコレクション展です。鑑賞教育というと少し難しそうですが、要するに作品を鑑賞する楽しさを伝えたい!という目的がある展示なのです。そして、今回これを伝える方法として、客観的に作品を選ぶのではなく、担当学芸員の主観でものを選び、主観で展示順序を付け、主観で解説を書くこととしました。もちろん、それだけではわかりにくいので、第2回となる本展では、「観ること→創ること」という視点から、写真作品を構成する要素として4つの柱を立て、これに沿って僕が太鼓判を押す作品を展示しています。 客観的根拠がない分、相当開き直らなくてはならないのです。 僕としては、とても緊張感の高い展示企画を行いました。
本展は来週月曜日(敬老の日・祝日)まで開催しております。
本日は21:00まで開館しております(入館は21:00まで)。お近くの方は、まだ間に合うかも知れません。
ぜひぜひご覧下さい。


さて、久しぶりのおいしいもの情報。
今日、フロアレクチャー直前の昼食です。

当館のお隣にあるガーデンプレイスタワー内のお店で出している「塩ラーメン」。このお店、ガーデンプレイス内の社員食堂のようなお店で、最近リニューアルしました。 以前は、本当に社員食堂みたいでしたが、いまは椅子がヴェナー・パントンデザインのものが使われていたりして、オサレ感満載です。それでも、あくまで社員食堂的な位置は崩していませんので、カレーやおそばやラーメンはきっちりあります。パントン・チェアでラーメンを食べるって、なかなかできませんよ(^_-) 写真美術館へいらした際は、こちらのお店でお昼なんて、おつかも知れません。
あ、でも、当館のカフェでお茶をするのもお忘れなく!!
ではまた。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    写真作品のつくりかた 閉幕間近!

    • 2013.09.13 Friday
    • 12:10
     誠にご無沙汰しております。
    ブログ担当の三井です。
    「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」(PCの方はこちら)は無事に巡回2会場を終了し、11月2日から開催の郡山市立美術館で現在鋭意準備中です。こちらの展覧会をお見逃しの方は、ご期待下さい。もちろん、お見逃しでない方も、ぜひ。

    さて、現在当館で開催中の「写真のエステ 写真作品のつくりかた」(PCの方はこちらそして、スペシャルサイトはこちら)はご覧戴けましたでしょうか。本日は、本展最後のフロアレクチャーを14:00より開催致します。
    お近くの方は、まだ間に合います!
    ぜひいらしてください。


    GW特別フロアレクチャー

    • 2013.04.29 Monday
    • 14:53

    みなさまこんにちは、ブログ担当の三井です。
    いよいよゴールデンウィークです。
    「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」(PCの方はこちら)は、ゴールデンウィークの最終日である5月6日(月・祝)が最終日です。つまり、残すところあと一週間。ラストスパートです。
    そして、昨日からゴールデンウィーク特別フロアレクチャーもスタート致しました。

    4月28日のフロアレクチャーの様子です。

    初日である昨日、67名の方にお聞き戴きました。
    今回は、この内容を少しだけ書かせて戴きます。
    「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史」はシリーズ展で、今回が4回目。この企画は、「日本の初期写真に関するコレクションは、どこに何があるのだろう?」という素朴な疑問からスタートしました。この企画案を提出した00年代初頭、国立の博物館や、写真の収蔵が多いことで知られる美術館・博物館を除けば、初期写真の視点で収蔵品を調べることは難しかったのです。「それならば!」と本展を企画し、2年ごとに調査地域ごとに展示を行おうと考えたわけです。
    そして、2006年度(2007年3月)に関東、2008年度(2009年3月)に中部・近畿・中国地方、2010年度(2011年3月)に四国・九州・沖縄、それぞれがスタートしたという次第です。今回は4回目、北海道・東北の地域で初期写真の所在調査を行い、これらによって見出された作品を展覧しております。
    本展を含む4展示は、すべて「であい」「まなび」「ひろがり」の3部構成で展示を行っております。

    であい  日本あるいは日本人と写真のファーストコンタクト
    まなび  日本で活躍した写真師の第一世代による作例
    ひろがり 第二世代以降の作例

    明治30年代までの作例について、これらの視点から作品を展示しています。
    なお、初期写真とは「近代的写真表現の洗礼を受けることなく、あるいは『表現』という自覚なく制作された写真」を指します。(こちらについては、拙稿「イメージとピースの間で いま初期写真を観つづけることについて」「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編 研究報告書」に書かせて戴きましたので、ご興味のある方はぜひご覧下さい)

    東京会場はあと一週間。
    ラストスパートのゴールデンウィーク特別フロアレクチャーは、本日、5月3日、5月4日、5月5日、最終日の5月6日。すべて16:00〜約1時間程度です。
    こちらについてもご参加戴ければと思います。

    なお本展終了後は、北海道立函館美術館、鶴岡アートフォーラム、郡山市立美術館への巡回を予定しております。

     

    さて、久しぶりのおいしいもの情報。
    ガーデンプレイス内には、さまざまな飲食店が軒を連ねていますが、こちらはちょっと斜め上。デパ地下のイートインです。奇を衒ったチョイスのように思われるかも知れませんが、さにあらず。

    どうですか? このボリュームとバラエティ!! 僕だって、ラーメンやハンバーガーだけではないのです。煮魚だって、大好きなのです。もちろん、お刺身だって大好物。
    ガッツリ食べたいけれど、オイリーなのはちょっと…という時、ここはおすすめです。
    では、また。

    明治期天災記録写真

    • 2013.03.11 Monday
    • 11:56
    大変ご無沙汰しています。ブログ担当の三井です。本日は、3月11日です。
    東日本大震災から2年が経過しました。被災された方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    陸前高田被災資料デジタル化プロジェクトを行っている身としては、2年間という時間に出来ることの少なさを実感しております。僕に出来ることは、本当に限られていますが、出来る範囲で努力します。本当に一日も早く、被災地の方々が普通の生活を取り戻せることを切に願います。

    今回は、開催中の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」(PCの方はこちら)に出品されている明治期天災記録写真について、簡単にご報告致します。
    本展で展示させて戴いているのは、3つの天災記録です。

    明治21(1888)年 磐梯山噴火
    明治27(1894)年 庄内地震
    明治29(1896)年 三陸津波

    これらについて、福島県立博物館、本間美術館における調査で見出された写真および、一般財団法人 日本カメラ財団、そして、東京都写真美術館が収蔵する写真を展示しております。

    明治期におけるこれら天災記録は、現代の報道倫理確立前のものです。また、厳密に言えば、報道写真とは性格が異なります。これらは基本的にドキュメンテーションとして撮影され、頒布用にも使われました。印刷のような大量生産ではなく、写真そのもので制作され頒布されましたので、購入は可能ですが、現在のように「本当に誰もが眼に出来る情報」ではなかった。このことは、これらの写真を現在の私たちが観るにあたって、重要な情報だと考えます。

    これらの中には、天災の犠牲になった被災者のご遺体を写したものも含まれます。
    現代の私たちには目を背けたくなるものが含まれます。ですから、すべての方にご覧下さいとは申しません。上記のことをご理解いただける方に、展示室でご覧いただければと思います。
     
    また、本展には「特別出品」として、《(開拓当時の富岡町)》という写真を最後に展示しています。

    東京都写真美術館はオリジナル作品の展示を基本としています。しかし、《(開拓当時の富岡町)》は、オリジナルを展示することが出来ません。展示させて戴いているのは、デジタルデータに基づくインク・ジェット・プリントのみです。東北地方・福島県双葉郡の富岡町は、東京電力福島第一原子力発電所事故の警戒・避難区域の中にあり、第二原子力発電所の一部を擁する町です。2013年3月現在も、町民は郡外・県外への避難を強いられています。富岡町歴史民俗資料館は現在立ち入ることが出来ない状況にあり、収蔵資料も相馬市へ移送しているものの、活用する状況には到っていません。 本資料は、富岡町の但野ヶ原開墾当時の風景を撮影したもので、この地域を撮影した現存する最古の写真です。しかし、上記のような理由からオリジナルを展示することはかないませんでした。しかし、一日も早い復旧を願い、デジタル写真を特別出品として展示させていただいています。

    次回から、本展の「であい」「まなび」「ひろがり」各章について、ご紹介させて戴きます。
    では、また。

    あけましておめでとうございます

    • 2013.01.04 Friday
    • 17:54
     
    みなさま、あけましておめでとうございます。
    ブログ担当の三井です。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    さて、東京都写真美術館は新年、1月2日より開館いたしまして、新年開館初日は6,281人のご来場を戴きました。ご来館いただきました皆様、誠にありがとうございます。
    ちなみに、トップの画像。
    当館のワークショップルーム「創作室」にあります暗室の4x5インチ用引伸し機。
    ん?
    ……お分かりになりました?
    ちょっとだけ、画像を加工して今年のお年賀にしてございます。
    こちらの制作は、当館のワークショップチーム。
    当館のボランティアさま方への年賀状として制作された画像です。
    とても楽しいので、こちらのブログでも活用させて戴きました。

    さてさて、「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編(PCの方はこちら)」の準備もいよいよ佳境です。すでにチラシのデザインやポスターのデザインも大詰め。もう少し時間を頂戴しますが、でき次第、こちらでもご紹介させて戴きます。もちろん、メインイメージはあの方です(^_-)
    ぜひご期待下さい。

    今年最初のおいしいもの情報。
    今回は、鶏です。
    当館のすぐ近く、マーライオンがお出迎えのお店。
    蒸し鶏と揚げ鶏のハーフ&ハーフ。そして実は、こちら「お肉1.5倍の大盛り」倍にするのは蒸し鶏をチョイスしました。3種のソースがそれぞれ個性的で美味。タイ米ライスもガッツリです。ぜひご賞味下さい。
    ではまた(^^)/

    夜明けまえ掲載報告!

    • 2012.12.19 Wednesday
    • 20:16
     大変ご無沙汰しております。
    ブログ担当の三井です。
    現在、鋭意準備中の来年3月5日より開催の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」(PCの方はこちら)についてのご報告です。
    東京都写真美術館ニュース「eyes」76号で巻頭特集が組まれました。表紙も凛々しい「土方歳三像」です。(PCの方はこちら)特集ページは4ページ。webでご覧戴くのも良いですが、ぜひぜひ本誌を手にとって戴けると、より嬉しいです。本誌は東京都写真美術館で絶賛配布中です。一部ではありますが、三井が調査をさせていただきました機関のご紹介も含めてご紹介しております。
    さぁ、3月の開幕に向けてラストスパート!
    今回も立体展示やプロジェクションを含め、皆様の琴線に触れる初期写真をガッツリ展示致します。なにしろ展示総数は開拓史展史上最大の約500点(展示替え有)を予定。これは期待していただけること請け合いです。
    ぜひご期待下さい。

    さて、久しぶりのおいしいもの情報。
    今回は、陸前高田被災資料デジタル化プロジェクトで、毎週訪れている桜木町です。
    桜木町と言えば、中華?…もちろん、それは皆さんご存じでしょう。
    しかし、もちろんそれだけではないのです。
    いかがでしょうか。昔ながらのハンバーグ。驚くほど柔らかく、ソースは濃厚。食べ進めるうちに緩やかな堅さをもっていく卵がまたうまい!
    横浜通の先輩によると、このお店は小説の舞台にもなっているとか。
    恵比寿も良いですが、桜木町も良いですよ(^_-)

    ではまた

    現在、夜明けまえ展調査中!

    • 2012.09.27 Thursday
    • 20:06
    大変ご無沙汰しております。
    ブログ担当の三井です。
    ご報告が遅れましたが、これまで北海道第一期から第二期、秋田・青森、山形などなど対象地域をガッツリ調査して参りました。
    今回は新潟第一期調査で、明日が最終日です。明日は、十日町博物館(及び情報館)と糸魚川歴史民俗資料館へ伺います。今回の調査も本当に充実したものとなっております。
    平成25年3月6日から開催される「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」ご期待です。
    随分と時間が空いてしまいましたが、これから続報をお送りさせて戴きますので、こちらのブログにもご期待下さい。

    十日町の空より

    JUGEMテーマ:幕末 歴史


    ベアトの旅立ち

    • 2012.05.09 Wednesday
    • 15:15
    はじめまして。4月から写真美術館のインターンとして事業に参加している若杉です。今回ははじめてブログを書かせて頂いてます。よろしくお願いします。
    さて、GW大盛況のうちにベアト展が終了し、一昨日は次の展示に向けた展示室の撤去作業やゲディのクーリエと作品のコンディションチェックを行いました。そして、今日はゲティ美術館からお借りした作品たちを成田までお見送りです。

    作品を丁寧にトラックへ載せています。
    セキュリティ抜群の成田空港の貨物地区に入り、設備や積み込みの技術に圧倒されてしまいました。ベルトコンベアに乗って倉庫内を行き交う荷物を見ていると、SF映画の中にいるようでした。

    ただ、私にとっては頭の上を飛び交う英語を理解するために最大限の集中力が必要であり、その力が尽きた頃には子守唄にしか聞こえませんでした。
    なにはともあれ、4月から刺激の多い毎日を過ごさせて頂いてます。1年間のインターンということで、もしかすると皆様の前に現れることもあるかと思いますが、その時はどうぞよろしくお願い致します。

    ブログ担当の三井です。というわけで、これからもインターン若杉さんはたびたびブログに登場すると思いますので、どうぞよろしくお願いします(^-^)
    さて、成田空港の美味しいもの情報!

    四川定食です。担々麺と麻婆豆腐がセットになった辛い辛い定食です。(激辛というわけではなく、辛いものコンビという意味で)案外、担々麺のクリーミーなスープは、濃厚ですが、全体に優しいお味で美味しくいただきました。
    ぜひ!
    ではまた( ´ ▽ ` )ノ

    フェリーチェ・ベアトの東洋閉幕と新たな旅路

    • 2012.05.08 Tuesday
    • 18:17
    JUGEMテーマ:幕末 歴史
     こんにちは、東京都写真美術館ブログ担当三井です。
    一昨日、ゴールデンウィークと共に「J・ポール・ゲッティ美術館コレクション フェリーチェ・ベアトの東洋」展の幕が引かれました。会期中、多くのお客様が熱心に鑑賞される姿を見て、学芸員冥利に尽きる思いでした。ご来場戴きましたお客様、本当にありがとうございました。


    そして、ゴールデンウィーク特別フロアレクチャーへご来場戴いたお客様、本当にありがとうございました。全8日のプログラムでご参加戴いた皆様は811名。最も多い日は149名のお客様にお聞き戴きました。当日は、A3サイズのフリップを使用するなどの工夫は致しましたが、実作品をご覧戴けるお客様が限られてしまう中でのレクチャーとなり、ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
    皆様にご覧戴いたゲティ美術館の写真作品は、ロサンゼルスへ旅立ちます。これらの作品が再び日本の地へ訪れるのは、いつになることでしょう。貴重な作品の展示に関わることができたことを改めてかみ締めております。
    なお、当館のショップでのみ日本語翻訳付きで手に入る“Felice Beato:A Photographer on the Easten Road”については、引き続き販売致します。ご興味がある方は、ぜひ当館ショップ・ナディフx10でお求め下さい。

    そして、来年の3月開催予定の「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 北海道・東北編」開催へ向け、新たな旅路へ。調査の模様について、こちらで少しずつ報告させて戴こうと思っております。すでに先月から現地調査がはじまっています。先月は、函館市立図書館と市立函館博物館へお伺いしました。図書館には田本研三の写真が多く収蔵されており、博物館には横山松三郎の作品が多く収蔵されています。今回の開拓展では、この時代のネガ原板についての展示ができそうな予感です。150年前の原板から焼き付けられたプリント。多くの場合、私たちはプリントに出会えるだけで幸せです。今回は、対応するコロディオン湿板方式によるネガ原板も調査できました。まだ詳細はお話しできませんが、ご期待戴けそうです。
    (^^)/


    さて、今回のおいしいもの情報。
    ガーデンプレイスにできた新しいお店のご紹介。ここはもう本当に肉。コレステロール上等です。でも、これが美味しいんですって。

    眼を見張るパワフルさのハンバーグ。
    メインだけでなく、オードブルもドスンとしたベーコンのキッシュだったり、冷製ポタージュがザブンと出てきたり。。。それでいて、ちゃんとリーズナブル。力一杯おすすめです。
    ぜひ!!

    ではまた

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM